2010年 07月 30日
minolta XEb
minolta

父上から譲っていただきました。
押入れの中に20年以上眠っていたカメラ。
すっごいホコリまみれだったので、気合で掃除。

ネットで調べてみると、1976に発売されたminoltaのXEbという機種みたい。
XEbは、それより前に発売されていたXEという機種の機能省略廉価版のような機種だそうで。

持ってみると結構重いです。

僕は完全にデジタルから入ったクチなので、
こういうまともなフィルムカメラを手にしたのは初めてで。

D90以前のカメラの機種の知識やらって全然わからんのですよ。
まずミノルタマウントってなに?って状態です。M42?なんだそりゃー


電池を新品に入れ替え、色々いじってみる。
どうやらシャッターも露出計もまともにうごいてるっぽい・・・。
当然AFなんてないんだよ、ね。

ついてるレンズは、50mm/f1.7の単焦点。
D90で35mm/f1.8を常用してるせいか、この画角はうれしい。

ファインダー覗いて真ん中にある、
〇の中の像のズレをあわせてピントを合わすって作業が新鮮でたのしい。

とりあえずVivitar用に使ってたE100VSをぶち込んで、
開放付近の絞りでパシャパシャ。
現像はいきなりクロスでいくつもりです。


レンズの横に絞込みボタンがあるんだけど、
絞り優先で撮る場合、コレを使う順序ってどうすればいいんだろう?

・構図と絞りを決める
・絞込みボタンを押して、自動露出で露出を出す。
・絞込みボタンを戻してピントを合わせる
・シャッターを押す

の順番であってるのかな・・・?
それとも、絞込みボタンを押したままピントあわせってできるのかな。

絞りこみボタン押す前に、先にピントあわせすると、
薄いピントの時にピントがズレちゃいそうで怖いし・・。



とりあえずアレです。
デジカメと違ってシャッターひとつ切るのに、もの凄っっごく神経使います。
でもそれがまた楽しい。


同じカメラでも、デジタルとフィルムじゃあ楽しさのベクトルが全然ちがうや。
どっちも好きだなぁ。


[PR]

by yhei_boogie | 2010-07-30 04:51 | 雑記 カメラ


<< 分解、清掃、研磨、iPhone...      hana bee >>